写真父さん フィルムカメラ 家族写真 > フィルムカメラで残す父さん > フィルムカメラについて最近思うこと 父さん

フィルムカメラについて最近思うこと 父さん

どうも、写真父さんです。

最近反省しております。
「フィルムカメラで残す」ことにこだわり過ぎているため、最近フィルムカメラ使用率100%。ということはフィルム購入、現像にお金がかかっている、かかり過ぎている。

何でもかんでも撮りすぎ。やはり「残すべきもの」と「記録としてのもの」を判断すべきだと思う。
また出かける前にどのカメラを持っていくべきかを考えるんだけども、あまり持って行き過ぎると王子と走り回って遊べない。

こういう写真は残す写真です。私にとって。
原村で虫取り。NATURA
原村で虫取り

2009年の空。数年後の空の色は変わっているかもしれない。だから残すべきだ。NATURA
そら

でも、

でもこういったのは記録としてでもよいかな?
2009年に写真父さんが使っていたカメラ!として記憶しておくのもよいが。FM2
ペン

なので出かける時は「今日はデジタルカメラだ!」と腹をくくるべきだ。

先日までスイスとイタリアを家族で旅しておりました。
撮ったフィルムは18本。PEN FT(ハーフカメラ)が主だったので総数何枚になったのだろうか?
旅前に溜まっていたフィルムは7本。計25本を現像しなければならない。

という訳で先日富士山の写真を現像+プリントしていただきました軽米写真館の大村店長に相談。

でもこれってフィルムカメラで撮り続けていたから気づいたことでもあり。
記憶写真と記録写真。判断は難しいが経済的な事情となればどうしようもありません。

写真を撮り続けることには変わりはない。

以上

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.hidekix.com/mt/mt-tb.cgi/95
Listed below are links to weblogs that reference
フィルムカメラについて最近思うこと 父さん from 写真父さん

写真父さん フィルムカメラ 家族写真 > フィルムカメラで残す父さん > フィルムカメラについて最近思うこと 父さん

Search
Feeds

写真父さん 上へ参ります。