写真父さん フィルムカメラ 家族写真 > 原村父さん Archive

原村父さん Archive

GW後半 いつもの八ヶ岳農業大学校 父さん

どうも、写真父さんです。
GWの後半、蓼科、原村を楽しむの巻。我が家がこちらへ来るといつも同じところへ行きます。そのひとつが八ヶ岳農業大学校。小さな桜並木が綺麗でしたね。
広場では気球体験があるはずだったのですが風の影響で中止になってました。

牛も元気そうでした。
八ヶ岳農業大学校の牛

今年は特にモコモコの羊へのエサやりをヘビーローテーション。しかも2日連続です。
私も羊をこんなに間近に見るのは初めてかな?もちろん見たことはありますがこんなに長い時間ゆっくりってのは初めてで、意外と眼球が怖いことが分かりました。

羊も元気そうでした。
八ヶ岳農業大学校の羊

王子は周りに生えている草をむしってきては羊に駆け寄り、なくなればまた草取りに走る。この繰り返しを永遠と繰り返していたのである。

羊に走る

子供達も王子の行動を見て草取りが始まります。きっとこの2日間は周りの草が一気に無くなったのではないでしょうか?

続きがありますので是非!

GW後半の原村 白駒池へ 父さん

どうも、写真父さんです。
ゴールデンウィーク後半の2日目。タンポポ祭りと桜のコラボレーションの原村から車で30~40分山を上り「標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖」である白駒池へ。

雪の白駒池

白駒池は毎回来るスポットであり、一周歩いても1時間以内、また駐車場から白駒池まで歩く道も気持ちのいいものなのです。

氷の白駒池

GWの白駒池は氷がはり、駐車場からの道、池の周りの道も雪におおわれております。
毎年車で上がるのですが白駒池の駐車場に近づくにつれ周りも雪景色になってきます。道にも雪があり、そして滑ったりと毎年慎重な運転になるのですが、今年は道や駐車場周辺には雪がなく、運転も問題ございませんでした。

氷の白駒池一周

ただ池には氷、池までの道は雪。こちらは毎年と変わらず楽しませていただきました。

続きがありますので是非!

GW後半の蓼科 父さん

どうも、写真父さんです。
GWの写真が出来上がりました。GWの前半は印旛村。そして後半は3泊4日で蓼科・原村へ行って参りました。
会社の保養所が蓼科にある!というサプライズに早速予約して利用したのである。

GWの蓼科はちょうど桜が満開の時期。そして原村周辺ではタンポポが咲き乱れます。タンポポ祭りでございます。

尖り石遺跡のタンポポ
尖り石のタンポポ

これだけタンポポがあるのはあまり横浜ではみませんね。
タンポポ王子

こうしたくなるのも分かります。これがすべて綿毛になってまた来年タンポポを咲かせるのです。

尖り石遺跡は毎回訪れる場所。タンポポと桜のコラボレーション。
尖り石遺跡の桜

落ち着く場所でございます。GWなのに人が少なく。

続きがありますので是非!

2011年は原村に行っていない 父さん

どうも、写真父さんです。

2011年は一度も原村へ行ってません!2009年?は3回ぐらい行ったのではいでしょうか?
正月、GW、夏休み、秋、冬。すべてステキです。特にGWはタンポポ祭り、そして桜、そして農業大学校では気球、ソフトクリーム、山の上では一面氷がはっている白駒池。毎回ほぼ同じルート。

ガソリンスタンド

宿は決まって「さんどりよん」さん。

お祭りもやってました。
トランポリン

原村周辺にはクリエイティブな人々がたくさんいらっしゃいます。
原村

続きがありますので是非!

ゴールデンウィーク 原村父さん 3日目

どうも、写真父さんです。

ゴールデンウィークの原村。やっと3日目でございます。

AM5:00起床。晴天の原村。王子と外に出る。さんどりよんさんにある自転車を借りて、早朝から王子がペンションビレッジをパトロール。

さんどりよんのオーナーさんもすでに起きており、庭仕事をしている。

早速犬の散歩に出かける。王子も初めて散歩を任されご機嫌である。

原村で犬の散歩 NATURA
原村で犬の散歩

朝ごはんの前、そして1時間以上の散歩だったのでさすがの王子の疲れ気味。でも原村最終日、寝ている暇はありません。

数年前から原村に来ているが今回は初めての散歩道。まだまだ知らない道がたくさんありそうだ。

ひとりで犬を連れる NATURA
原村犬の散歩

ご飯を食べて「さんどりよん」さんに別れを告げます。「数ヵ月後にまた会いましょうね」

続きがありますので是非!

ゴールデンウィーク 原村父さん その3

どうも、写真父さんです。原村の2日目PMです。

尖石遺跡の桜の木の下で NATURA
尖石遺跡の桜の木の下で

尖石遺跡のタンポポ畑で散々遊び、次の遊びは釣り。釣りと言っても入れ食いのマスの釣り堀でございます。

以前行ったことのある釣り堀に到着するが廃業したのか?やってない!!
運よく別の釣り堀の看板を見つけたので行ってみるとやさしいおじさんが一人でやっている釣り堀に到着。餌の付けからから釣り方まで手とり足とり教えてくれる。魚影が見える。


入れ食いの釣り堀。NATURA
釣り堀

王子は夢中になって「半けつ」です。。。

続きがありますので是非!

ゴールデンウィーク 原村父さん その2

どうも、写真父さんです。
原村の2日目です。晴天。盛りだくさんの1日です。

さんどりよん 朝食 NATURA
さんどりよんの朝食

朝5時起床。王子とふたりで外に出る。長野県の早朝。寒くない。
ペンション村を散歩しながら2日目のプランを考える。いつものコースしか思いつかないがとりあえずたらふく朝食を食べる。

八ヶ岳農業大学校 NATURA
農業大学校の気球

やはり一発目はここ。八ヶ岳農業大学校。必須である。時々気球体験があるが乗ったことがなかった。でも今回は「乗ってみるか!」と王子と私だけが乗ってみる。
約30m上昇し、晴天の八ヶ岳、南アルプスを望む。愛しい妻がどんどん小さくなっていく。

気球より NATURA
気球に乗ってみる

王子も私も初めての体験で大興奮である。このままロープを外して飛んで行ってみたい。

続きがありますので是非!

原村 ペンション「さんどりよん」 父さん

どうも、写真父さんです。

ゴールデンウィーク2日目のレポートの前に我々が毎回お世話になっている原村のペンション「さんどりよん」さんのご紹介です。

ペンション「さんどりよん」 LOMO LC-A
さんどりよん

数年前、愛しい妻のお父様の関係で「さんどりよん」にお邪魔し、それから毎年3回以上はお邪魔しています。オーナーさんも大変ステキな方々で、料理もおいしい!ペンションというとある程度予想のできるお料理だったりしますが、こちらは本当に良い意味で裏切られます。
適度に放っていただき、適度にお相手してくれます。息子さんもステキな方で王子は大ファンです。

さんどりよん裏庭 LOMO LC-A
さんどりよんの裏庭

ご主人は御柱祭に夢中です。テレビの生中継にも映ってましたよ!
法被姿がよく似合います。 NATURA
さんどりよんのご主人

続きがありますので是非!

ゴールデンウィーク 原村父さん その1 写真付き!

どうも、写真父さんです。

と、言う訳で軽米写真館さんよりプリントが届きましたので掲載いたします。

ゴールデンウィークも終わり、もう1週間も経ってしまったのですね。次の連休は7月か・・・。
5月1日は前回の記事「自転車王子とラン父さん」でご案内した通り、王子のサイクリングでした。

5月2日~4日まで長野県は原村へ行って参りました!
3日間とも天気がすばらしくよく、今までにない経験もして参りました。

尖石遺跡のたんぽぽ LOMO LC-A
尖石遺跡 たんぽぽ

1月に車を売ったので今回は電車+レンタカーという初の試み。
レンタカーもゴールデンウィークでしたので事前予約はどこも満車!!偶然にも現地でGETすることができたという非常にラッキーなところもありました。

1日目。
横浜駅より特急はまかいじに乗り小淵沢へ。横浜から約3時間、渋滞知らずで10:30には小淵沢に到着。一応ダメ元で駅レンタカーへ空車を問い合わせるが鼻で笑われてしまう。。。
いつものリゾナーレへ徒歩で出発。無料の送迎バスがあるが30分後とのことで、地図で見ると近そうだったので徒歩を選択。以外に遠く、到着間際に送迎バスに抜かされる。。。

リゾナーレ ピーマン通り NATURA
リゾナーレ ピーマン通り

リゾナーレでは王子の陶芸体験。昨年のゴールデンウィークに挑戦した陶芸。ニコニコしながらろくろを回す王子でした。出来たお皿を愛しい妻が割ってしまったのでリベンジ!あとは到着を待つだけ。

リゾナーレではゴールデンウィーク期間だけ?かレンタル自転車が無料。自転車に乗れるようになった王子は他の子と同じように飽きもせず同じところをグルグル回りゴキゲン。
私と愛しい妻は交代でステキな本屋をパトロール。

リゾナーレのろくろ王子 NATURA
リゾナーレのろくろ王子

帰りは無料バスで小淵沢駅へ。電車で富士見まで行き、タクシーで原村のペンション「さんどりよん」さんへ向かおうとしていましたが、愛しい妻が「ダメ元で聞いてみよう!」とのことで再度レンタカーへアタック!ちょうど返ってきたのか運良くナイスタイミングで車を借りられてしまったのである。恐るべし、愛しい妻。尊敬しています。。。

続きがありますので是非!

トイカメラ Diana+で原村 父さん

どうも、写真父さんです。

Diana+、面白いですね。120mmフィルムのましかく写真です。

原村を撮ってきましたので掲載します。
ピントが合わないのは気にしない。。。

ペンション村から農業大学校へと続くしらかば並木
原村しらかば並木

しらかば並木に入っていきました
しらかば並木

お店の庭もみなステキです
ある店の庭

続きがありますので是非!

トイカメラ Diana+ 父さん

どうも、写真父さんです。

先日の原村旅行にトイカメラはDiana+を持って行きました。
120mmフィルムも初めてだし、Diana+も初めてでございます。

ドロンコMANレースにも持っていった訳ですが、愛しい妻がゴールしたらあげようと?王子とバーバがシロツメクサの花輪を用意してました。

トイカメラなのでピントは気にしない。 Diana+
シロツメクサの花輪

そしてスタート。愛しい妻は5kmに参加です。
一番左が愛しい妻です。結果は気にしない。

そしてピントも気にしない。Diana+
スタート

そしてゴール。予定通りシロツメクサの花輪をプレゼントできたようです。
ゴール

続きがありますので是非!

原村父さん ドロンコMANレース参加!

どうも、写真父さんです。

富士見高原でのドロンコMANレースに家族で参加しました。
愛しい妻は5km、写真父さんは10km、なんと王子も飛び入り参加で4歳なのに小学生クラス(KIDS)に飛び入り参加。
※もちろん王子はダントツのビリ。「KIDSの最終ランナーが競技場へ入ってきました!」のアナウンスに最後の力を振り絞って走る王子の姿に、皆様の拍手をいただけたのが涙ものでした。

原村でいつもお世話になるペンション さんどりよんさんの裏庭で王子は虫取り。
今年から写真父さん家に導入された虫取りアミと虫カゴで王子は一生懸命「蛾」を追いかけるのでありました。

NATURA
虫取り

どろんこMANの後、オールディーズという毎回立ち寄るレストランでたらふく食べる。
やっぱり寝る。食べながら寝る。 NATURA
オールディーズ

続きがありますので是非!

愛しい妻より 父さん その3

どうも、写真父さんです。

愛しい妻より写真が届きました。
今年のGWに原村へ。

原村へ行く時は必ず小淵沢にあるリゾナーレに寄ります。
GWになるとメインストリートにチューリップの花びらを散りばめて、周りで色々なイベント、出店?、クラフト教室等やってます。

今年は王子に陶芸をやらせました。
王子作のものが本日届いたようです。
当時の写真はまだ現像+プリントしてません。。。

王子作

どうせ、お菓子しか入れないんだろ。

---追記---
そして早速使っているようです。
王子 陶器を使う

ドロンコMAN クロスカントリーレース 父さん

どうも、写真父さんです。

ドロンコMAN クロスカントリーレースというものが来る6/28長野県は諏訪郡富士見町の富士見高原で行われます。

2月の鎌倉アルプストレイルランニング大会、4月のマラソン大会に続き今年3回目。
クロスカントリーに出場いたします。それも愛しい妻と一緒に。
写真父さんは10km、愛しい妻は5km。
愛しい妻にはシューズを買ってあげようと思います。
山を走る訳ですから普通のランニングシューズではダメなんです。

さてこの富士見高原。そうです、原村のすぐそばなのです。
なのでいつもの原村のペンション「さんどりよん」さんにお世話になる予定です。

我々が参加している間王子はバーバに子守してもらいます。手配済みです。
いつもこういったイベントには写真父さんだけが参加しておりましたが今回は愛しい妻にも参加してもらいます。

楽しみだ。

原村父さん GWは絶対行くぞ!の巻

どうも、写真父さんです。

桜の季節です。
フィルムカメラ中心の生活になったことと、冬だったこともあり写真の枚数が急激に減りました。

しかし、春がやってきました。
写真父さんが好きな「カラフル」な季節です。

原村タンポポ 横浜の桜は3月後半~4月前半ですが、愛しの原村はGW前後です。
タンポポが一面に広がり、桜とタンポポのコラボレーションも素敵です。

タンポポ

続きがありますので是非!

子育ては本当にエキサイティング父さん

どうも、写真父さんです。

最近写真王子の機嫌が悪い。「あれやりたい、これやりたい、あれがほしい、これがほしい」、毎日保育園の帰り道は大泣きしなが帰ってくるようだ。

「なんでそうなの?」と聞いたところで求めている返事が返ってくるはずもなく、3歳の王子にとっては理由なんてきっとないのである。あるとしたら写真父さんの帰りが微妙に遅いことかな?

農業大学校でジャンプ

なので「なんでこうなっちゃうんだろう」と一生懸命考えたって3歳の子供の考えていることなんて分かりゃしない。考えれば考えるほど疲れてしまうのである。

"子供とはそういうもんだ"と開き直ってしまうと意外と楽になった。

ある本に
"自分がイライラしなければイライラさせる人はいなくなる"と当たり前のことが書いてあったがその通りだ。

農業大学校でもう一度ジャンプ

子を持って分かる親の大切さとはよく言うが写真父さんの子供の頃もきっと大人とは次元の違うところに生きていたのだろう。お父さんお母さん本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。

さあ、王子。次はどんな作戦で来るかな。かかって来やがれ!
本当に子育ては面白い。

Index of all entries

写真父さん フィルムカメラ 家族写真 > 原村父さん Archive

Search
Feeds

写真父さん 上へ参ります。