写真父さん フィルムカメラ 家族写真 > カメラ日和父さん Archive

カメラ日和父さん Archive

「カメラ日和×Kodak フィルム"LOVE"フォトコンテスト」入賞 父さん

どうも、写真父さんです。もちろん今回もバックデート更新です。(11月23日)

奄美大島は加計呂麻島の小学校の皆さんを撮った写真がコンテストに入賞しました。

この写真です。PENTAX67
薩川小学校

PHOTOFES2011「カメラ日和×Kodak フィルム"LOVE"フォトコンテスト」

4,153点の中から50点が入選、他3点が最優秀賞及びニューヨークへの撮影旅行。おしくもニューヨークは逃したものの多くの中から50点に選んでいただいたことは本当にうれしいです。

それも4月に行った奄美大島は加計呂麻島・薩川小学校の卒業式の練習に参加させていただいた時に撮った写真だったので本当にうれしいです。

PENTAX67でファインダーからのぞいていた時から「これはいい写真が撮れるぞ」と思っていた写真。本当にうれしい。

薩川小学校卒業式の練習

他の人に写真を評価していただいたこと。そして結果を出せたこと。思い切って応募しておいてよかった。

撮った写真はプリント後薩川小学校の皆さまにプレゼント。そして夏に再度お伺いした時に「コンテストに出せるような写真ね」とお言葉をいただいた時に「よし、この写真をコンテストに出そう」と決めたのです。撮ったのも加計呂麻島、応募を決めたのも加計呂麻島。2011年は奄美大島に勇気づけらた年になった。

奄美大島の皆さま、本当にありがとう。

続きがありますので是非!

家族写真は寺澤太郎さんで 父さん

どうも、写真父さんです。

寺澤太郎さんに写真を撮ってもらうということ。

数年前、カメラ日和という写真雑誌でワークショップの募集をたまたま手にした私。
そこから私の写真人生がガラっと変わりました。
寺澤太郎さんとの出会い、そしてステキな仲間達との出会い。

PENTAX67という中判カメラを買ったのも寺澤太郎さんの影響。友人知人の家族写真を撮るようになったのも。

今年は我が家の家族写真をアップデートしようと思います。
毎年多摩川の河川敷で開かれるもみじ市。寺澤太郎さんは肖像写真館なる青空写真館を開きますが、今年は参加されるかはまだ分かりませんね。出店!となれば今年は撮っていただこうと思ってます。

今年ももみじ市は開催されるようです。
10月16日は空手のハイキングですので15日は参加必須ですね。

2010年もみじ市 父さん

「ありがとう」と言ってもらえる写真を撮ること。
なんて言ったらよいのか分かりませんが、寺澤さんの写真にはグッと引き込まれるというか。
スゴイ写真には言葉にできない何かがあると思います。
寺澤太郎さんに撮っていただいた家族写真は我が家の宝物です。大切にしまうのではなく、飾る。
外人さんの家にはよく家族の写真がびっしり飾ってあったりして「羨ましいな」と思う時があります。きっと無意識に家族に感謝する習慣があるのでしょうね。

続きがありますので是非!

カメラ日和学校 寺澤太郎さん最終日 父さん

どうも、写真父さんです。

カメラ日和学校の寺澤太郎さん授業も最終日。
前回の授業は「大切な人を連れて来て写真を撮る」。

そして今回はその出来上がった写真をお披露目。

私はもちろんPENTAX67で撮った家族の写真を選定。
愛しい妻のお母様が写真父さんの実家で大きな大根を引き抜いた瞬間の笑顔写真です。

PENTAX67
いくこさん

寺澤太郎流にプリントを仕上げていただき、持ってきた額に入れます。

できた写真をあげること。
人に喜んでもらうこと=仕事。これが大切ですね。

PENTAX67。やっぱり難しいです。

寺澤太郎さんもデジタルカメラを買ったらしいです。
やっぱり雑誌の世界も予算がないらしく、小さなカットはデジタル(な部分がある)らしい。

しょうがないですね。やっぱり。

↓そしてクリックです↓
家族写真・大切な人との写真 撮ってますか?撮りませんか?

寺澤太郎さん PENTAX67 父さん

どうも、写真父さんです。

やっぱり難しいですね。PENTAX67。
寺澤太郎さんと同じカメラ。

カメラ日和 寺澤太郎さん ポートレート講座 PENTAX67
王子のアイーン

実は仕上がりは想像していたものとは異なるものでした。
ピントは合ってないし何かもの足りない。初めてのPENTAX67。これは道具ではなくセンスなんだと実感。やっぱり寺澤太郎さんやプロの写真家は違う。当たり前だ。

甥っ子の最後の野球 PENTAX 67
ファイナル野球

続きがありますので是非!

寺澤太郎さんポートレート講座 父さん

どうも、写真父さんです。
11月7日(土)はカメラ日和さん主催の寺澤太郎さんポートレート講座でした。
ある公園に集合し「大切な人」を連れてきて写真を撮るという課題。

愛しい妻は友人の結婚式で来られず、王子のみを連れて行く。
そして高田馬場に10:00はキツイ。。。さらに大きな公園だったので約15分の遅刻!!!

みなさんそれぞれ「大切な人・犬」を連れてきており、寺澤太郎さんの野外セットの前でポートレート撮影。ステキな木漏れ日の中、一組ずつ写真撮影が続くのでありました。

↓これは本物の寺澤太郎さんのPENTAX67です
寺澤太郎さんのPENTAX67

写真父さんはPENTAX67を手に入れましたがこの日がぶっつけ本番!
このPENTAX67は中判カメラであり、35mmカメラよりデカく、フィルムも120mm(ブローニーフィルム)フィルムを使います。
寺澤太郎さんや長野陽一さんなど写真父さんのあこがれる写真家の方々が使用しているカメラであります。

撮られる王子はというと、出番になるとノリノリで色々なポーズをとり続けました。
今までで一番良い仕事をしたと思います。

参加者のキレイなお姉さま方に遊んでもらい。。。

その後日比谷のフォトエントランスで行われている「with NATURA」写真展のパーティーに合流。
そこでもまたキレイなお姉さま方に遊んでもらい。。。遊びつかれて最後には大泣きしパーティー会場を後にしたのでありました。

京浜東北線内でぐっすり。

まあ無理もない。

カメラ日和さん、寺澤太郎さん。今回もありがとうございました。

現像が楽しみでございます。

寺澤太郎さんのポートレート講座 父さん

どうも、写真父さんです。

カメラ日和さん主催の寺澤太郎さんのポートレート講座へ参加して参りました。
10月から月1回の計3回の講座でございます。

今回は寺澤太郎さんの「ポートレート論」をお話いただきました。

「海外で4、50本フィルムを撮るがプリントするのは数枚。海外にたくさん行っている訳ではないが、その国でのお気に入りの1枚をプリントするだけでその旅の思い出が詰まった1枚になる」

コモ NATURA
コモ

ルツェルン PEN-FT
ルツェルン

写真父さんは8月にイタリア、スイスに行ってきました。
ハーフカメラで撮ったものも含めフィルム計18本ほど撮りました。
そして全て軽米写真館さんに現像していただきました。私はまだ現像されたフィルムを見てお気に入りだけをプリントするということはできず、プリントして失敗写真を眺めることにしております。
それも勉強です。
またその国の人を撮ろうと決めていただのですがやっぱり声をかける勇気というかそういうものがなく、後姿や遠目からの写真になってしまう。

ある雑貨屋 NATURA
雑貨屋

「断られたらどうしようと心配より、撮っとけば良かったと後悔するほうが嫌だ」

その通りですね。撮っとけば良かったという後悔はいつもあります。。。

「写真の仕事は楽しい、そして遊びです。」

自分の仕事は楽しいだろうか?と自問してしまいました。

もちろんその他すばらしいお話をしていただきました。

次回は11月。撮りたい人を連れてきてポートレートを撮る。これが次回の課題です。

さて、誰を連れて行くかな?

以上

写真三昧 父さん(写真はあとで!)伊東俊介さん、寺澤太郎さんありがとう!

どうも、写真父さんです。

昨日は写真三昧でした。
カメラ日和さんの「Re:s」の「セルフポートレートを撮るのだイエイ!」に家族で参加。

先生はRe:sの写真長 伊東俊介さん。とてもステキな方でした。昔から知ってる友人のようでした。
セルフポートレートを撮るというものでした。
セルフポートレート。皆さん撮ったことがありますか?

自分で自分の写真を撮るんです。
写真館にあるような大きなカメラから延びる握るとシャッターが下りるものを握りしめ、カメラの前でポーズを取り、自分の写真を撮るのである。

もちろん愛しい妻も、王子も自分の写真を撮りました。

写真父さんは「遺影」を撮りたいんです。
元気なうちに。

セルフポートレート。面白い遊びを発見したAMでした。

午後の寺澤太郎さんにバトンタッチ!

続きがありますので是非!

写真展参加やその他写真のこと 父さん

どうも、写真父さんです。

今年は昨年よりも自分自身、自分の作品を露出していきたいと思ってます。

通園NATURA 雨ですねぇ。。。
雨ですね

  • カメラ日和学校 寺澤太郎さんの一眼レフ講座
  • NATURA people photograph exhibition Ⅲへの作品出展
  • カメラ日和さんNATURAWALL作品出展
  • りす写真館ワークショップ「セルフポートレートを撮るのだイエイ!」参加
  • 【東京】NATURA 1日写真屋さん体験
  • Camera People NATURA倶楽部写真展参加
  • Camera People みんなのコドモ展「いまのコドモ写真展」「むかしのコドモ写真展」参加

などなど。

PHOTOFES2009「NATURAWALL」 父さん

どうも、写真父さんです。
最近更新頻度が高い写真父さんでもあります。

今年も夏にPHOTOFES2009が開催され「NATURAWALL」の募集が始まりました。

写真父さんは昨年のPHOTOFES2008「NATURAWALL」で優秀賞をいただきました!

受賞作品です!
飲み放題っす!

さて、今年は何を出そうかしら?

カメラ日和学校2009 寺澤太郎さん講座 父さん

どうも、写真父さんです。

先日、カメラ日和学校2009春講座がありました。
先生は写真父さんの憧れの人「寺澤太郎」さんです。

カメラ日和学校2008春講座に参加し、今回2009年度講座にダメ元で応募して見事寺澤太郎さんの一眼レフ講座に行かせていただくことができました。

寺澤太郎さんには2月に 『寺澤太郎肖像写真館』Vo.Ⅲで素敵な家族写真を撮っていただき家宝にさせてもらってます!

写真父さんは父・母が元気なうちに「遺影」を撮っておきたいと思ってます。
遺影と言うとマイナスなイメージがありますが、葬式に参加すると小さな写真を無理やり引き伸ばし、着せ替え人形のように喪服を着せられた遺影がさらに涙を誘います。

本人だって?その家族だって生涯最後の1枚の写真ぐらいカッコよくしたいはずです。
写真父さんはそう思います。もし自分が死んだら「これ!」という遺影を飾りたい!

っていう話を寺澤太郎さんともいたしました。
寺澤太郎さんも遺影を撮っていきたいとおっしゃってました。
寺澤太郎さんに遺影を撮ってもらうなんて非常に贅沢ですね。
寺澤太郎だんが撮ったクリントイーストウッドの写真のような遺影を父に撮ってあげたいと思います。

さて、カメラ日和学校春講座のお話。
当日は一眼レフ持参で光のマジシャンと呼ばれる寺澤太郎さんが先生となり「光」を効果的に使った撮影について学びました。
部屋の中での撮影、寺澤太郎さんのPENTAX 67Ⅱの素敵なシャッター音が響き渡ります。

写真父さんは講座内容というより、寺澤太郎さんとお話ができて、さらに寺澤太郎さんの写真が見られるというだけでお腹いっぱいでした。

露出計も無理やり貸していただき、色々試すことができました。

次の日露出計をオークションで落札したことは言うまでもありません。。。。。

寺澤太郎さん、カメラ日和学校ご担当者様、大変お世話になりました。

次回の講座を楽しみにしております。

以上

「ソツテン」写真展終わったよ 父さん

どうも、写真父さんです。

ついに終わってしまいました。カメラ日より学校春講座卒業生によるmonogramさんでの「
ソツテン」写真展。

「ソツテン」写真展やっちゃいますよ 父さん >>

卒業生有志13名によるひとり1点の写真展。
初めての体験でしたが学生時代の文化祭のように楽しく準備させていただきました。
素敵なメンバーに恵まれ、そして来場者の方々からは温かい言葉もいただき、本当に楽しい、そしてすばらしい経験になりました。

NATURA(ソツテン出展作品)
ソルトスプリングアイランドのお風呂

皆さんに感謝してます。

ありがとう。

続きがありますので是非!

「ソツテン」写真展やっちゃいますよ!父さん

どうも、写真父さんです。

そうなんです。写真展をやるんです。生まれてはじめての。
といってももちろん単独ではなく、カメラ日より学校春講座の卒業生有志と一緒にやります。

カメラ日和学校春講座 長嶺輝明先生の授業風景(ミチクサさん撮影)
ミチクサさん撮影画像

<追記 09.02.05>
「カメラ日和編集部日記」
http://camebiyo.exblog.jp/10204208/

「カメラピープルの最新情報」
http://camerapeople.jugem.jp/?cid=15

「カメピスタッフブログ」
http://blog.camepstore.com/?eid=282924
<追記 ここまで>

写真は「撮る→見る」だけが楽しいのではなく、「考えて撮る→こだわってプリントする→見る・見せる・飾る」が楽しいのです。きっと。

以下ご案内です。
【ソ ツ テ ン】~カメラ日和学校 卒業制作展~

2009年2月5日(木)~8日(日)

カメラピープルストア&ライブラリ― 「monogram(モノグラム)」
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-19-13
TEL:03-3760-5852

東急東横線「学芸大学」東口より徒歩約1分
OPEN :11:00~20:00/CLOSE:水曜日
(2階は木金土日祝のみ開放)



大きな地図で見る

現在、有志で準備中です。文化祭のようで本当に楽しいですね。

本日素敵なDMが送られてきました。
あまりお手伝いできていないのが申し訳ないです。

以上

カメラ日和22号に掲載されたよ 父さん!

どうも、写真父さんです。

NATURA
カメラ日和22号掲載作品

カメラ日和学校卒業制作作品に続き、「カメラ日和22号45ページ」にNATURAユーザのひとりとして小倉優司さんやmonogramディレクターのミヤモトタクヤさんと一緒に掲載されました。

うれしい。

2008年はメディア露出の年だったなぁ。

以上

フィルムカメラ父さん

どうも、写真父さんです。

カメラ日和さんのおかげでフィルムカメラに目覚めてしまった写真父さん。
現像代で@約500円、同時プリントで@約30円とフイルム一本で約1,500円かけてしまっていた写真父さん。昔よく「0円プリント!」なんてありましたが最近見かけないなぁと思っていたらありました、ありました。しかもものすごく近くにありました。

クリーニング屋の前でバナナを食べる王子

バーバのアルバイト先の近所のクリーニング屋さん。
フィルム1本800円で0円プリント!灯台下暗しというのはこういうことですね。
早速3本出して本日出来上がる予定です。
PEN FTで撮ったものは36枚撮り×2=72枚なのでこの場合金額がどうなるかは分かりません・・・。
もしハーフカメラで撮った72枚でも同時プリント0円ならこれはお得ですね。

プリントの質が悪いかもしれないという噂もありますが、私のような素人には全く問題ないでしょう。

楽しみです。

カメラ日和&NATURA WALL優秀賞受賞父さん!!!

どうも、写真父さんです。

待ってました。カメラ日和11月号。
カメラ日和学校春講座参加者の卒業制作作品が掲載されております。
もちろんこの写真父さんの写真も!
自分の作品が雑誌に掲載されるってのも不思議なものですね。
カメラ日和学校参加者の皆様の写真にも感動いたしました。

ちなみに写真父さんの卒業制作作品は「異文化体験実施中!」です。
撮影場所はカナダはソルトスプリングアイランド知人宅の風呂場。
バスタブに入った王子を愛しい妻が洗ってるところです。紫の壁に大きな窓からはいる夜なのにまだ明るい光。
※まだカナダで撮った写真を全部見てません。。。

そして
NATURA WALL写真展。やりましたよ。優秀賞です!
作品はカメラ日和WEBサイトより!
ggさん近くのFRAMESでNATURAで撮った家族をテーマとした王子の写真です。
「飲み放題っす!」という作品です。

飲み放題っす!(優秀賞受賞作品 テーマ:家族)
飲み放題っす!

以下応募作品(NATURA WALL掲載作品含む)

雨ニモ負ケズ(テーマ:家族)
雨ニモ負ケズ

いちご色っす!(テーマ:好きな色)
いちご色っす!

色々あって選べません(テーマ:好きな色)
色々あって選べません

かたつむり発見(テーマ:家族)
かたつむり発見

その他愛しい妻も写真母さんとして出展してます。

開催場所 東京ミッドタウン フジフイルムスクエア2F
開催日程 9月12日(金)~9月25日(木)11:00~20:00

我が家はまだ行ってません。
最後のチャンスは23日か!行かねば!

カメラ日和ご担当者様、富士フイルムご担当者様、本当にありがとう。
いやー、NATURAは素敵なカメラだ!

無念!ベビーホルガ(Baby HOLGA)父さん

どうも、暑さに連敗中の写真父さんです。

以前、ggさんのイベントにちょうど誕生日付近だった愛しい妻を連れて行ったところカメラ日和ご担当者様より「カメラ日和仕様のベビーホルガ」を誕生日のプレゼントにいただきました。

>>>エコロンバッグをつけてトマトソースのパスタを食べる会 父さん

もちろん写真父さんが使ってます、というより初めて使ってみました。

公園にもカナダにもプールにもいただいたカメラ日和仕様ベビーホルガを持って行き写真を撮りました。6月にフィルムを入れて8月中旬に24枚撮りを撮り切る。

そして先週の土曜日にやっと110フィルムをいつもの現像屋さんに持って行き「出来上がりが21日」とのことでしたのでその待っている間のドキドキワクワク感たら!!!

そして本日待ちに待ったこの日がやって来ました。午前中の仕事など手につかずベビーホルガの写真をまだかまだかと待っておりました。

そしてお昼休み。いつもの現像屋さんに行き引き換えの紙を渡すとなにやら非常に薄っぺらい写真の袋を持ってきた。恐る恐る見てみると1枚しか写真が入っていない!!!

えぇぇぇぇっとは店内では叫んでませんが写真父さん一家の楽しい思い出が詰まったベビーホルガで撮った写真、1/24枚しか撮れていなかった?ということになります。

まあこれもフィルムカメラの醍醐味と言えば。。。なのですが海外旅行も共にしたベビーホルガだけに非常に悔しくもあり、切なくもあり。

その1枚とはどこで撮ったかも分からない空の写真。
記念すべき第一号としてこの空の写真を大切にしたいと思います。

近日中にスキャンしてUPしたいと思います。

さて、リベンジだよ!ベビーホルガ!

NATURAWALL父さん

どうも、写真父さんです。

カナダへの現実逃避旅行中、カメラ日和編集部日記よりNATURAWALLの採用者発表がありました。

写真のテーマは「家族」と「好きな色」。
写真父さんと写真母さんでNATURAを撮りまくり応募したのですが見事採用!
写真父さんは「家族」と「好きな色」、写真母さんは「家族」のみの採用。
愛しい妻も喜んでおります。

カナダでもNATURAを持って行きました。
ソルトスプリングアイランド→ウィスラーという旅でしたが両方とも愛しい妻が昔ワーキングホリデーでお世話になった方々の家にお世話になりました。
なんとNATURAはソルトスプリングアイランドの家に忘れてきてしまいました。。。。。
まあそれはそれとして。

青山ブックセンター
期間:7/26(土)〜8/10(月)
○NATURAWALL(テーマ:家族)

雨ニモ負ケズ・・・
雨ニモ負ケズ

かたつむり発見!昔はたくさんいたような気がしますが。
かたつむり発見

飛行機雲発見!そんなに驚かなくても。
飛行機雲

デルフォニックス渋谷店
期間:7/26(土)〜8/31(日)
○NATURAWALL(テーマ:好きな色)

イチゴ色っす!
いちご

たくさん色があって選べません。
保育園祭り

ねずみはねずみ色とは限りません。
野毛山のねずみ

カメラ日和さん、富士フイルムのNATURA。

本当にありがとう。

カメラ日和学校最終日 長嶺輝明先生ありがとう父さん

どうも、写真父さんです。

先日はカメラ日和学校の最終日でした。
先生はカメラ日和でおなじみのかわいい写真の長嶺輝明先生。
教室に入るとお洒落なおじさんがニコニコしてこっちを見ている。。。
こここのおじ様が長嶺輝明先生?噂には聞いていたが本当にお洒落なおじ様。
こんな人私の知り合いのおじさんにはいませんってぐらいお洒落な方でした。
ジーンズに白いベルト。これはこの写真父さんでも持ってない。

長嶺輝明先生は教室に入った私にニコニコして話しかけてくれた。
「カメラが好きなの?写真を撮るのが好きなの?」
「持ってきた写真を見せて」

フレンドリーです。迷わず一番前の席に座ることとする。

今回のカメラ日和学校の課題は「私生活」、自分しか撮れない写真を8枚組写真で表現するというもの。

いつもの床

私生活、ということで思いっきり身近なものであり、普通写真なんて撮らない部分ですのでカッコつけず、サラッと撮るようにある程度自分なりにルールを決めた。
・3分以内で撮る
・一眼レフじゃなくてコンパクトデジタルで
・被写体には触らずそのままを撮る
・人を出さない(いつも子供の写真ばかりなので今回は我慢)

いつもの机

辛口な長嶺輝明先生でしたが説得力があり目をじっと見ながらお話していただけるのでその眼力に恐れおののきながら聞き入っておりました。

「写真を撮るようになると見る(観る)ことが楽しくなる」という長嶺輝明先生の言葉。
これが私にとってのこの4ヶ月続いたカメラ日和学校のまとめの言葉のような気がします。

実際キョロキョロして歩くようになりました。そして「○○のように見える」とか見るものを何かに例えてものを見るようになりました。

教室の窓から木々が見え、授業開始時には晴天だった空はある時雷がなりだし、そして雲行が怪しくなり、木々が風に揺れだしそして大雨が降り始めました。
たった数分の間に窓の外の景色がミルミル変化していったのです。長峰輝明先生のその「見ることが楽しくなる」というお話の時でした。偶然というかなんと言うか本当に外の景色を見るのが楽しくなった。

長峰輝明先生、第一回目の小倉優司さん、二回目の寺澤太郎さん、三回目のかくたみほさん、そしてカメラ日和ご担当スタッフの方々、富士フイルムの方々、そして何よりもカメラ日和学校2008春講座ご出席の皆様、本当にお世話になりました。
私の写真人生を大きく変えた出会いでした。

600名の応募から20数名の当選者、ものすごい確立の出会いだと思います。
是非この出会いを無駄にせず今後ともお付き合いいただければと思います。

ちなみに掲載しているのは一眼レフで撮ったものです。。。。

いつもこんな感じでグチャグチャです。

皆さんありがとう。

NATURAに出会えたことも大きな一歩でしたね。

ggさんに参上父さん

どうも、写真父さんです。

カメラ日和学校がきっかけで色々な集まりに参加しようと少しだけアクティブになった気がする写真父さんです。

ggさんといえば雑誌「カメラ日和」でも素敵な企画を打ち出し、あのエコロンバッグでお食事会を企画された雑貨屋さんでございます。

写真父さん夫婦もエコロンバッグ大会でggさんに非常にお世話になったので今度は是非ggさんのお店へGo!ということで先日王子を連れて行ってまいりました。

ggさん入り口

6月は篠田昇さんのポラロイド写真展が行われており、ちょうどポラロイド写真を撮り始めた写真父さんにとってはggさんに行ける+ポラロイド展が見られる+篠田昇さんの!とのことで張り切って横浜を出発したのであります。

ggさんは渋谷駅から徒歩で約10分ほどなのですが王子を連れていたので30分以上かかる。
グリーンのひさしのあるお弁当屋さんの上(2階)にあり思っていたよりちっちゃなお店でどこにあのようなおもしろ企画を打ち出すパワーが潜んでいるんだろうと思わざるを得ない店構えでした。

入り口にある牛乳入れのポスト、急な階段、小さいスペースに篠田さんの使用していたカメラなどなど。雑貨屋さんに王子を入れるなど大変危険なチャレンジなのですが案の定色々陳列物を触り始めたのでやはり落ち着いて見られず。。。。。
ただプロのカメラマンさんが撮るポラロイド写真はやっぱり素敵で、声が出ませんでしたね。
もちろん全て素敵な写真なのですが中でも一番心に残っているのはCM撮りの時に撮った松たか子さんの写真。松たか子さんが鉄棒?にぶら下がっている写真なのですが光の具合や自然な表情、写真父さんもこんな写真が撮れたらなぁと長い間見とれてしまった一枚でした。愛しい妻もあのように撮ってあげられたら。

ggさんの急な階段

もっとゆっくり見ていたいと思っていたのですがやっぱり王子の我慢の限界。急な階段が遊び相手になってしまい、ggさんへの挨拶もままならないままお店をあとにしたのであります。

7月は八百屋をやるそうで楽しみです。八百屋なら王子も一緒に楽しめるのではないでしょうか。

FRAMES

お昼ごはん、ggさんにご紹介いただいた3、4軒隣の「FRAMES」という素敵なレストランに入りました。ペットも一緒に入ることができるので無条件で王子も大丈夫です。お値段も渋谷という立地条件にも関わらずお値段も手頃でドリンクはフリーそしてボリュームも多く大変満足しました。
王子はデザートを2つぺロリ。

ggさん地図


大きな地図で見る

帰りは代官山まで歩き、王子は電車の中で眠って帰りましたとさ。

ggさん、大変お世話になりました。そして大変ご迷惑をお掛けいたしました。

近日中にリベンジします。

エコロンバッグをつけてトマトソースのパスタを食べる会 父さん

どうも、写真父さんです。

先日カメラ日和にも掲載されていたggさん企画「エコロンバッグをつけてトマトソースのパスタを食べる会」に行って参りました。

ggさんとは渋谷と恵比寿と代官山とのちょうど中間地点にある雑貨屋さんでございます。毎月コンセプトの替わる雑貨屋ggさんでございまして今回はカメラ日和に掲載されていた「エコロンバッグ」をつけてそのエコロンバッグをどれだけソースだらけにできるかを競う?というなんとも世にも奇妙な食事会でありました。

写真父さんのエコロンバッグ

ちょうど愛しい妻の誕生日も近いとありまして、日頃子育てに仕事にと大忙しで疲れ気味の愛しい妻を「たまにはふたりだけで」とこのggさんのエコロンバッグ食事会にお誘いしたのでありました。

「愛しい妻の誕生日も近いので・・・」と参加希望のメールをggさんに出すと
「内緒でお友達をお誘いしては?」
「食後にケーキを用意しましょうか?」
などとても素敵なご提案をいただき、さらに花好きの写真父さんはお花の手配までお願いしてしまったのでありました。本当にありがとうございます、ggご担当者様!!

エコロンバッグと王子

エコロンバッグとは無印良品などで売っている無地のエコバッグに自分で撮ったパスタやカレーうどんなどソースがはねるものの写真をアイロンプリントで貼り付けて、それをエプロンにしたものです。と言ってもイメージがわかないと思いますので詳しくはカメラ日和のHPで!

ものぐさな写真父さんは当日の朝今まで撮った写真の中から2枚ほどチョイスしそれをアイロンプリント用の印刷用紙にカラープリントし、王子がテレビを見ている隙にプリント作業をしたのであります。
ただ焦りと紙が古かったのか思うようなものができず、泣く泣く持参をあきらめてggさんにエコロンバッグまでお世話になったのでした。

さて、エコロンバッグ食事会は20:30から。20:15に渋谷についた写真父さんはプリントアウトしたggさん近くのEAT TOKYOという場所への地図をタクシーの運転手さんへ渡し、猛スピードで会場へ。ギリギリセーフです。

約20名ほどの参加者は皆さんあのエコロンバッグをつけ何とも言えない楽しげな雰囲気でした。
恐らくこのようなカッコをして食事会をしているのは地球上でここだけでしょう。

ggクラブなるものもあるようで「ggクラブ会員ナンバー~番」てなおにゃんこクラブのような自己紹介で始まりggクラブでない我々は少々ジェラシーを感じておりました。

皆さんでゲラゲラ笑いながらのお食事会、こんな集まりがあったかと本当に楽しい体験をさせていただきました。素敵な店(ggご担当者)には素敵な方々が集まるんだなと改めて感じましたね。

ちびっこHOLGA

いつもお世話になっているカメラ日和ご担当者も参加しており、初対面の愛しい妻へカメラ日和仕様のちっちゃなHOLGAをいただきました。110フイルムを使うと言うかわいらしいカメラです。本当に素敵な方です。カメラ日和学校でも"この人は只者じゃない"と感じておりましたが案の定素敵な人でした。

HOLGAと王子

子供が生まれた後ふたりだけでの外出は初めてだったかもしれません。そんな特別な日にこのような素敵なエコロンバッグ食事会に参加できたこと、改めてggさん、カメラ日和学校さんに感謝します。

我々の知らないところでこのようなイベントがきっとたくさんあるのでしょう。積極的に参加しないと本当に損です。「子供がいるから・・・」ときっとどこかで子供のせいにしてしまっていたかもしれません。でもそれは子供にとっても良くないこと、親がイキイキしていないと子供だって楽しくないと思います。

たまにはジージとバーバに迷惑をかけて飛び回ったっていいと思います。
人生1回です。どうせならカッコイイお父さんとお母さんになってやろうじゃないの。

愛しい妻の誕生日

次の日写真父さんはお休みを取り、王子に保育園を休ませ二人で一日中遊びまくったとさ。
そして改めて王子と一緒に愛しい妻の誕生日会をしましたとさ。
※誰の誕生日でも王子がろうそくを消す慣わしです。

ありがとう、ggさん、カメラ日和さん。

カメラ日和学校 寺澤太郎さんありがとう父さん

どうも、写真父さんです。

先日カメラ日より学校第3回が行われたわけですが、素敵な出来事がございました。
第2回のカメラ日より学校の先生は何度も言いますが寺澤太郎さんで、そのときスタジオで実際に寺澤太郎さんがPENTAX67でカメラ日より学校の生徒を数人モデルとして撮影し、何を隠そうそのひとりがこの写真父さんだった訳で。

寺澤太郎さんが撮った写真(ポラ?)はひとり2枚ほど。
写真父さんは唯一の男子だったのですが撮られた写真をみて自分で言うのもなんですがその写りにホレ込んでしまいました。

当時それはいただけるものと期待しておりましたがカメラ日和学校のご担当者様より「寺澤太郎さんの許可がいる」とのことで"それもそうねぇ"と少々残念!と肩を落として帰った記憶があります。

そして先日のカメラ日和学校第3回!
西麻布の富士フイルムさんへ到着し受付に行くと写真父さんの名札に封筒が。。。。
これは何?と思いながら受付のご担当者から「寺澤太郎さんが写真父さんのブログを読み"是非写真をあげて"」とスタジオで撮った写真をいただけることになったとのこと!!!

何とも恐れ多い、寺澤太郎さんが私のようなちっぽけな人間のブログを読んでいてくれたとは。。。それだけでも満足でしたが写真をいただけることとなってその日はカメラ日和学校中は愛しい妻に自慢してやろうとドキドキしておりました。

寺澤太郎さん、そしてカメラ日和学校のご担当者様、本当にありがとうございます。
きっと一生の思い出になるでしょう。

年に一度家族写真を撮りたいと思ってますが寺澤太郎さんに撮ってもらったら高いんだろうなぁ。。。

年に一度、寺澤太郎さんだったら高くても良いかもしれない!

カメラ日和父さん

どうも、写真父さんです。

昨日は第3回カメラ日和学校春講座でございました。
今回は今までのカメラ日和学校スタイルとは異なり「コラージュ(撮った写真を飾りつける)」という実作業でした。
今までのカメラ日和学校と申しますと、第1回、第2回の先生でありました小倉優司さん、寺澤太郎さんのお話を聞き、その後グループで表へ繰り出して撮影し、撮った写真を現像、総評という流れでしたが、今回はまずやったことのないコラージュという私のような男子には無理難題でございました。

先生はカメラ日和でもおなじみの「かくたみほ」さん。これぞカメラ日和的な写真!と言ってもよいような素敵な光の使い方の写真をお撮りになる方です。作品を見せていただきましたが小倉優司さんや寺澤太郎さんとはやっぱり違うこれまた素敵な写真ばかりで、言葉を失ったのはこれで3度目になりました。

日常のそこらじゅうにある、そしてなんでもない風景なのですが「かくたみほ」さんが撮るといつもは脇役のものもイキナリ主役になってしまいます。
恐らく写真父さんが撮ると「お前何撮ってんだ?」ってな写真になるようなものも全て光の魔術師「かくたみほ」さんの手に掛かるときっと素敵になってしまうのでしょうね。

今回のカメラ日和学校講座のコンセプトは「ノスタルジー」!懐かしさとでも言いましょうか?
ノスタルジーを感じさせる写真を撮ってくること!これが今回のカメラ日和学校までの課題。

駄菓子屋で「お藤」さんに説得を受けている王子

写真父さんは何を持って行ったか!
皆さん駄菓子屋さんって最近見ますか?
先日家族で数年前まで住んでいた根岸線は山手駅周辺をパトロールしていたところ駄菓子屋さんを発見!2年間ほど住んでおりましたがこんなところに駄菓子屋があったとは。。。
値段もびっくりプライスでお小遣いを握り締める子供たちを横目に大人買いする写真父さん。

すると王子がピストルを発見!3歳には難しい操作が必要なそのピストルも100円か200円ぐらいなのですができないものを買っても・・・と説得を続けたのですが全然駄目。そこで出てきたのが「お藤さん」と呼ばれるこの駄菓子屋のおばさん。トークも素敵な下町のおばちゃんです。

このお藤さんが王子を説得に入りました。
王子はピストルを片手にお藤さんの足元にしゃがみこみ頭を抱えて色々考えをめぐらせているようだ。その姿をみて「自分の子供の頃を見ているようだ、まさにノスタルジー」と肩から下げていたNATURAでパチリ!駄菓子屋さんの中からの写真でしかもNATURAにISO100のフイルムという少々不安な状態でしたが出来上がりを見て満足。まさに自分の昔の姿を思い起こさせるノスタルジーな写真に仕上がりました。

この写真をかくたみほさんがイエローをプラスしていただき、さらにあの頃の光景が思い浮かぶような素敵な写真になりました。かくたみほさん本当にありがとう。

そしてコラージュにはこの駄菓子屋の雰囲気?をそのまま出そうとカメラ日和学校当日にお藤さんのところへ行き、またまた300円のお小遣いをあーでもないこーでもないと考えながら買っている子供たちを横目に大人買いした駄菓子を使用。(といってもたくさん買ったつもりが500円!Everyday Low Priceでございます。)
適当とも思えるこのコラージュですが、その通り適当でございました。が、出来上がりを見てみると世の子供たちには100%喜ばれる作品にしあがりました。

数日前、王子が保育園で家族写真をコラージュして持って帰ってきました。裏には写真父さんと愛しい妻の似顔絵。涙がでるほど嬉しかった。普通に写真をプレゼントするのもよいですが、このようにコラージュしてプレゼントするものいいものですね、きっと。
(母親の絵の方が大きいのが気になります・・・)

似顔絵

カメラ日和学校のガールズたちの作品をみてびっくりです。素人とは思えない、写真父さんの作品がものすごく適当に見えたのも気のせいか・・・・。

駄菓子屋作品を持って帰り、案の定その日のうちにその作品は影も形もなくなりました。

案の定跡形もなく

親のやることを子供はマネをするもので、次の日王子は自分のおもちゃをコラージュし始めた。
出来上がりを見てびっくり、素敵なコラージュガンが出来上がりました。

コラージュガン

カエルの子はカエルです。

カエルの子はカエル

カメラ日和学校もあと1回を残すのみになりました。

4回のカメラ日より学校が終わった後卒業制作として作品を納品するようです。
するとその作品がカメラ日和に掲載される?そうです。

非常に楽しみにしております。

参加者のみなさん、スタッフのみなさん、富士フイルムのみなさん、そして「かくたみほ」さん本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

NATURA父さん - 小倉優司さんありがとう -

どうも、写真父さんです。

カメラ日和学校4月講座は小倉優司先生による「美しい写真レッスン」でした。受講生を笑いに包みながら素敵なトークで富士フイルムのNATURAを使った写真レッスン。

小倉優司さんによるレッスンは昼間でしたのでなかなかNATURAの良さが理解できなかったのですが、結婚式の2次会やレストランに飲み屋などの室内でも、夜でもノンフラッシュで撮影できることを考えると非常に魅力的なNATURAでございました。

写真父さんはあのフラッシュの光が好きではなく室内でもノンフラッシュで撮ることが多いのですが、やっぱりいつもブレてしまう。ブレもいいと言えばいいのですがやっぱりしっかりしたその場の雰囲気が表現できる写真が撮りたい!といつも考えていたところにこの小倉優司先生によるNATURAでのレッスン。レッスン中に色々と妄想を膨らませ"これはいいかもしれない!"と早速レッスンの帰りにヨドバシカメラに寄りNATURAを買ってしまった写真父さんなのでした。

富士フイルムさんありがとう。

このNATURAはフイルムカメラですので写真父さんのような貧乏人にはバシバシ撮れない訳でこの小倉優司さんのレッスン以降1枚1枚を大切に撮るようになった写真父さんでした。

さあ、結婚記念日でございます。デジタルカメラは持たずこのNATURAだけを持ってお出かけです。朝は王子とあえて雨の中NATURAを持ってお散歩。昼は家族でレストラン。ここでもNATURAは大活躍。最近NATURA専用カメラケースを購入しご機嫌です。それを愛しい妻から「カワイイケース」とお褒めの言葉をいただきました。

明日はNATURAだけを持って結婚式を挙げたニューグランドへ。愛しい妻におしゃれをしてもらい小倉優司さんに教えていただいたNATURAで、そして寺澤太郎さんに教えていただいた室内での自然光を使った写真撮影をしたいと思います。

NATURA。被写界深度も浅いようですので素敵なボケも味わえます。

寺澤太郎さん父さん その2

どうも、写真父さんです。

6月7日(土)はカメラ日和学校第3回でございます。
と、その前にそう言えば前回のカメラ日和学校は寺澤太郎さんの「かっこいい写真レッスン」でありました。最初に寺澤太郎さんにポートレートの撮り方、光の使い方などのお話を伺った後、スタジオで家の中での自然光を意識した写真の撮り方など実際にカメラ日和学校の受講生をモデルとして撮影を見せていただきました。

最初数人の女性のポートレートを撮っていたのですが、寺澤太郎さんより「次に顔の作りが違うひとはと・・・」とのことで近くにボーっと突っ立っていたこの写真父さんが男子モデルとして撮影されたのであります。

王子の長靴とレインコート

真っ暗なスタジオ内でひとりポツンと椅子に座り、正面には受講生一同が、そして寺澤太郎さんの指示に従ってカチカチになっていた写真父さんでありました。

写真を撮られ慣れていない写真父さんは出来上がった写真を見てびっくり。
今まで見たことのない素敵な自分(自分で言うのもなんですが・・・)が写っているではありませんか!

しかし、その撮った写真をいただけるものと期待していたのですがそうではなく。。。。
帰り際にカメラ日和学校ご担当者様に恐る恐る「寺澤太郎さんのに撮っていただいたあの写真を是非いただきたいのですが・・・」と問合せたところ「寺澤太郎先生の許可が出れば」とのお答えをいただき、「さすが、簡単には撮った写真をいただけないのね!」とますます次回のカメラ日和学校が楽しみになってきた次第です。

王子の通園

さあ、寺澤太郎さん、あの写真いただけるかしら?

是非いただきたく、そして愛しい妻に自慢したく、よろしくお願いします。

※写真は寺澤太郎さんとは全く関係ありません。昨日の王子の通園風景です。

以上 写真父さんでした。

寺澤太郎さん父さん

どうも、写真父さんです。

カメラ日和学校の5月講座で大変お世話になりました寺澤太郎さん。
大変申し訳なかったのですが講座当日までどのような方かも知らずに講義に土足で参加した写真父さん。寺澤太郎さんの作品集を拝見させていただきびっくり。
人間は素敵なものを見ると声が出なくなるのです。
その中の一部があるサイトに掲載されておりました。

今日のお手紙というサイトの寺澤太郎さんの写真箱というページです。
ありましたありました。
写真父さんが中でも非常に心に残っている写真、アムステルダムの老夫婦の写真。
聞けば寺澤太郎さんはPENTAX67という中判の大きなカメラを持ち歩き勇気を持って話しかけこのような素敵な表情の写真を撮っているとのこと。
その他ベトナムのすいかおばさんの写真。最高の表情と何ともいえない写真の味である。
この「何がいいか分からないけど何かいい」(寺澤太郎さんに失礼かもしれませんが。。。)というのも写真を撮る上で大事なのではないでしょうか?

私も寺澤太郎さんと同じPENTAX67がほしい。長野陽一さんも同じカメラ。
寺澤さんも憧れの写真家がPENTAX67を使っていたのでこれにしたと聞いてますますほしくなってしまいました。でも恐らく写真とは道具ではなく、あくまでもセンスと勇気。
私ももう少し35mmで腕を磨いた後、中判にトライしたいと思います。

自然光の使い方、難しいけど非常に大きな一歩になったお話を聞くことができました。
本当にありがとうございます、寺澤太郎さん。

写真学校に通って変わった父さん

どうも、写真父さんです。

カメラ日和学校に通って久しぶりにフィルムカメラを手にした写真父さん。
デジタルカメラばかりを使って写真を撮り続けてきた写真父さんにとってそれは大きな衝撃だった。

デジタルカメラの前はPentax MZ7というフィルムカメラを使っておりましたが時代の流れとランニングコストに負け、いつの間にかNikon D70Sに。

確かにフィルムは高い。でもこの衝撃を受けて最近NATURAを使って写真撮影をするようになって以前と変わったことがある。

原村の教会への小道

1.1枚1枚を大切に撮るようになったこと
2.キョロキョロしながら歩くようになったこと、寄り道が増えたこと
3.何かを見ると「~のように見える」「~のように感じる」と思うようになったこと
4.現像して仕上がるまでの時間のドキドキ感!を味わうようになったこと
5.色々な写真を見るようになったこと

もちろんデジタルカメラでバシャバシャ撮ることが何も考えないで撮るという意味ではない。
たくさん撮った中でよいものがあればラッキーという考えもぜんぜんあり。
それぞれメリットとデメリットがあるので使い分ければ良いと思います。

原村の教会への小道

1は「こんなものが撮りたい」と考えるようになったことと自分なりに構図を意識するようになりファインダーを覗く時間が長くなった。
2は何か面白いものや人との偶然の出会いを無意識のうちに待っている、または探しているんじゃないですかねぇ。(探したら偶然じゃないですね。。。)
3は例えば森の小道を歩いていて両サイドに小さなお花がたくさん合った場合、「まるで何か祝福されているようだ」とか木の幹の模様が人の顔に見えるだとか、木の枝が線香花火に見えるだとか。
4、これはフィルムで写真を撮る以上必ず体験することだと思います。デジタルカメラに慣れてしまうとこれが味わえないですね。
5は「自分もこんな写真が撮りたい」または「どうしたらこんな写真が取れるか」を考えるようになったこと。

これって写真父さんにとっては非常に大きな変化だと思います。

王子が撮ったクローバー

写真って本当に素敵ですね。
私はFujiFilmの営業マンではありませんが本当にNATURAは面白いカメラだと思います。

※上記に掲載している写真はNATURAで撮ったものではありません。。。

カメラ日和学校父さん その2

どうも写真父さんです。

カメラ日和学校5月教室の様子が編集部様のブログにアップされております。

寺澤太郎さん、本当に素敵でした。
写真父さんは日本語があまり得意ではないので教室の様子は編集部様のブログを見ていただければ分かると思われます。

とにかく光を意識した写真を撮ること。
それも自然光。

自然光で王子を撮る

写真の楽しさを再確認することができました。
そして新たな出会いもあり本当に充実したプログラムです。
夏教室にも是非応募したのですが1回目に参加した人はきっと無理でしょうね。
というよりもこのような楽しい企画にはより多くの人に参加してほしいと思います。

横浜ランドマークタワー展望台にて

自然光、難しいですね。

写真教室マニアになってしまいそうな予感がします。。。。。

以上 写真父さんでした。

カメラ日和学校父さん

どうも、写真父さんです。

4月から始まった「カメラ日和学校」。
アグレッシブに出会いを求めこの学校に応募したところ見事当選!!!
数百人の応募があり生徒数は約20名と聞いて運の良さを実感する。
4月は小倉優司先生のNATURA ClASSICAを使っての「美しい写真」講座。
学校帰りに早速ヨドバシカメラでこのカメラを買ってしまったのでありました。
単純なお客さんですね。

桜の花びらを追いかける

5月10日には寺澤太郎先生の「かっこいい写真」講座。
いやー素敵でした。ハリウッド俳優達のポートレート。国内外で撮った街中でのポートレート。
人間てのは素敵なものを見ると言葉を失うのですね。
一発でファンになりました。しかもお持ちのカメラはPENTAX67。私の好きな長野陽一さんと同じ。実は先生も憧れの写真家が使っていたからこのカメラを使っているとのこと。
でも私はまだ中判カメラには手を出せない。

桜の花びらを追いかける写真母さん

この日のレッスンはペアで相手のポートレートを撮ってプレゼントするというもの。
23歳の女性と組みいざ撮影へ。自分の愛しい妻の写真もこんなに撮ったことがないというほどひとりの女性をこんなに一生懸命撮るなんて。。。。。
「そう言えば写真母さんの写真なんてあまり意識して撮ったことなかったなあ。」と少々反省。
思えば今まで撮った写真の約90%は写真王子の写真。
写真母さんの写真も撮ってやろうと真剣に考えた一日だった。

桜の花びらを追いかける写真王子と写真母さん

以上 写真父さんでした。

Index of all entries

写真父さん フィルムカメラ 家族写真 > カメラ日和父さん Archive

Search
Feeds

写真父さん 上へ参ります。